先生の声|医院・クリニックの内装、設計、施工、開業支援・コンサルティングなら司工業へ

先生の声

先生の声一覧に戻る

わたなべファミリークリニック
平成19年11月12日OPEN
横浜市瀬谷区1-23-4 Yビル1階
TEL:045-342-7747

院長:渡邊 哲  埼玉医科大学卒業


平成19年11月12日に神奈川県横浜市で開業をしました渡邊と申します。

両親が医者で無かった事や外科を専門としている事もあり、開業は考えてなかったのですが、開業を考え始めたのは、病院での診療スタイルでは、自分の考えた医療がなかなか実現できなくなってきたと感じ始めたからです。年齢的にもこのタイミングが最後ではと思い、決意しました。先に開業をされ、軌道に乗っている先生から開業の話を聞き、なんとなく実現できるのではという気持ちになり、司工業さんをご紹介頂きました。

営業の方は、気さくで相談しやすく、場所探しからお手伝い頂けると判り、自宅のある白金から、通える範囲で物件をお願いしたところ、病院の近くまで何度も足繁く通って、東京、埼玉、神奈川、千葉と広範囲の物件をご紹介頂けました。開業に適してそうであれば、現地に一緒に出向き、周辺の人口や競合する医院の状況をお教え下さり、土地勘のない場所でも周辺環境が理解でき、案内された1つである物件が当クリニックの開業場所となりました。 場所が決まると賃料交渉や開業費用をどのように用意すべきか、役所へ何を申請すべきかなど、全く判らない内容を新規開業に対して有利な金融機関を紹介頂いたり、役所への申請は、必要書類を事前に準備頂いたり、勤務しながらでは到底できない事をサポート頂けたので、非常に助かりました。

設計の方には、クリニックモールの2区画が空いていたので、30坪と40坪のどちらにすべきか迷っていたところ、どちらのプランも作成下さり、手狭だと思っていた30坪でやれる事が判り、賃料を抑えつつも気に入っていた角地の区画で決める事ができました。レイアウトの内容も初回で提案されたプランでほぼ変更なく決めましたが、さすが医療機関専門だなと思える内容で、今も不自由なく使えております。

開業して約2年半経ちますが、少しずつ地域に根付いてきていると感触を得ております。名称をファミリークリニックと掲げた事や暖色を取り入れた看板のイメージもあるのか、お子さんの来院が非常に多く、嬉しい誤算となっております。

ただ、昨年は新型インフルエンザが流行ったりしましたので、お子さんを診られる場合は、代替室でも構いませんが、隔離できるお部屋を必要に応じて設けることをお薦め致します。 開業して感じる事は、雇われていた立場から雇う立場に変わる事が予想以上に違うという事です。小さなクリニックである以上、しっかりとした体制づくりが疎かになりがちですが、体制をきちんとする事が医療の質向上へつながるのではと思います。